松山デリヘルに在籍する熟女との濃厚なひととき

松山デリヘルに在籍する熟女との濃厚なひととき

松山デリヘルで利用するホテルに到着し、受付にホテル名と部屋番号を伝えるため電話をかけました。すると10分かからないウチにこちらにやってくるとのことでした。久々に誰かと肌を重ねることが出来るんだと思うと、恥ずかしいことに勃起していたのです。僕は勝手がわからず、とにかく部屋をうろうろし、結局携帯アプリで遊んでいました。すると5分ほどでドアをノックをする音がしたのです。ワクワクしながらドアを開けると、そこには写真で見たまんま、とはいかなかったが全然ストライクゾーンの綺麗な熟女が立っていました。僕は上ずった声で「こんにちは!」と元気よく言い、熟女はやけにエロい顔とエロい声で「こんにちは」と返してくれました。そして、熟女は僕の勃起したチンコに気付き、ズボンをおろしてフェラをしてくれたのです。亀頭にねっとりまとわりつくようなフェラに壁に寄りかかってしまいました。そして、「お風呂入ってないけど」というと、「いいのよ、美味しいわ」なんて言われて思わずイキそうになってしまいました。そのまま2人で服を脱ぎ、シャワーを浴びることになったのです。そして松山デリヘルの熟女との濃厚な夜が始まりを告げました。

松山デリヘルでM男が楽しめるお店

 
僕はちょっとだけMですが、がっつりSMクラブに行って女王様にお仕置きされたいとは思いません。でも女の子がソフトに僕を言葉責めや射精管理などでいじめてくれることには興味があります。店舗型のSMクラブだとガッツリ道具が用意されていて、ソフトなサービスを受けたいだけなのにもしかするとアナルや放尿といったプレイに発展するかもしれないと危惧した僕は松山のデリヘルでいじめてくれるお店はないのか探しました。すると、松山にはデリヘルでありながら痴女にいたずらされるお店が存在しました。僕は会社の昼休みにそのサイトを見つけると、午後は勃起しっぱなしで仕事にならないほどでしたが、定時になった瞬間勃起していることも気にせず一目散にその松山デリヘルがある難波へと向かいました。道中、難波の繁華街で女の子の好きそうなお菓子を購入して準備万端でデリヘルを呼ぼうと考えたホテルがある場所までスキップ交じりでやってきました。すると、同志のM男が2人ほどそのホテルの受付で待機していたのですが、なぜか二人とも二ともニヤついていました。待っている時間すら楽しめるM男に心の中で敬意を表して、受付に予約したことを告げて僕の忘れられない松山デリヘルでのMプレイが開幕です。