徳島熟女風俗の感涙体験

徳島熟女風俗でぽっちゃり嬢とプレイ

徳島熟女風俗のポッチャリ嬢の柔らかさに堪能

徳島にある熟女風俗の中にはふくよかな体型の女性が多数在籍しているぽっちゃり専門店がある。そんな徳島の熟女風俗店所属のBさんを指名してから10分ぐらい経過したころ、一台の車がホテルの前に止まり期待通りの肉付きの良いぽっちゃり女性が目の前に降りてきた。私は今すぐにでも飛びつきたかったが、ぐっとこらえてラブホテルへチェックインした。

部屋に入った私は今までの我慢が限界に達していたので勢いよく抱き着いてみた。まず感じた感想は「柔らかい」ということだった。胸はもちろんお腹にも多少のお肉がついているので俺の胸とお腹はその柔らかさゆえ不快に感じることはなかった。抱き着いた勢いで背中に手を伸ばしていたのだが、お尻や太ももにも手を伸ばし柔らかさを思う存分堪能した。

彼女の肉体に触れて感涙


彼女の身体に触れると、俺の身体が不思議な現象を起こした。涙が流れていたのだ。ぽっちゃり女性の柔らかさに母性や安心を感じたのかはわからないが、涙は止まることなく流れ続けた。ちらっとぽっちゃり女性を見ると私の胸に顔をうずめて匂いを嗅いでいる様子だったのでばれないように勢いよく顔をぽっちゃり女性の胸へとうずめてみた。このようなくせになるような感覚は徳島熟女風俗におけるぽっちゃり店ならではと言えるかもしれない。

嬢の心遣いに満足


徳島熟女風俗のぽっちゃり女性が多い店で働くBさんの胸は今まで味わったことのないほど柔らかい感触で、その感触に俺は安堵し自然と多くの涙を流していた。今まで触っていたおっぱいは考えていれば痩せている人の胸ばかりだった。そのため柔らかさの中に硬さも感じることがあったのだがBさんは違った。どの部分に顔を動かしてみても全てが柔らかいのだ。私が胸に顔をうずめて動かないので心配そうに私を呼ぶ声が聞こえたが、涙が枯れるまでは顔を上げるわけにはいかなかった。

すると、私の目から流れる液体にBさんは気が付いたみたいで、話しかけることを止めて私の頭をひたすら撫で続けてくれた。3分くらいすると涙は止まったのだが、幸せすぎるこの状況にいっそこのまま寝てしまおうと考えた。しかし、巨乳の女性は肩を肩が凝りやすいという話を思い出し名残惜しかったが、顔をおっぱいから離した。Bさんは俺の顔を見据えると今の時間はノーカウントにしてくれると笑顔で告げてきて、弾ける笑顔に私はまた徳島熟女風俗を利用することを誓った。こんなに良い経験は人生の中でもなかなかできないことだろうから。